波動実験場解体

先週から,第6実験棟の隣りにある波動実験場の解体作業が始まりました.大阪北部地震を受けて,耐震化改修&再建工事をしてもらえるのかと思いきや,法面の安全性が十分確保されていないとのことで,解体して法面工事をすることになりました.今後の実験場再建については,残念ながら未定です.
私も在学中,卒論・修論の実験をここでやったので,思い出の場所が無くなるのを残念に思っています.

海岸工学講演会2020@オンライン

11/10~14に第67回海岸工学講演会がオンラインで開催されました.
修了生の朝比奈さん(富士通),荒木君(パシコン),卒業生の森川君(日水コン),M1の田中君が研究成果を発表しました.某自治体に就職した修了生2名は,残念ながら発表できないとのことで,安田が代理で発表しました.民間企業以上にブラックなのかもしれません.
オンラインならではの良さもありましたが,開催地に行くのも学会の魅力なので,来年は行けるといなぁと思っています.

海岸工学論文奨励賞を受賞

海岸工学論文奨励賞を受賞しました.
受賞者:荒木裕次
受賞論文:荒木裕次・安田誠宏・Adrean Webb・森 信人,畳み込みニューラルネットワークによる台風気象場を用いた高潮の時系列予測と長期評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.76,No.2, pp.I_1093-I_1098, 2020.
受賞日:受賞日:2020年11月10日

人工リーフ現地調査in沖縄

10/15~16に,沖縄県本部町の人工リーフ調査を実施しました.尾崎さんが同行しました.今年度はコロナの影響(沖縄の緊急事態宣言,徳島アラート)を受け,実施が大いに危ぶまれましたが,なんとか調査を実施することができました.今年度の目的は流速の長期観測,堆積物量調査,瀬底島周辺の流況・水質調査です.徳大生も3名参加してくれ,段々と調査チームの輪が広がってきました.

秋学期対面授業開始

昨日から秋学期が始まり,キャンパスにも活気が戻ってきました.私が担当する「基礎水理学演習」と「海岸工学」は今日が1回目で,大学に来られない留学生等に配慮し,Zoomとのハイブリッドで対面授業をしました.HDMIにiPadを繋いでプロジェクターに写ったら満足してしまい,Zoomの画面共有を忘れたまましばらく授業を進めてしまうというミスをしでかしましたが,総じて問題なくできたと思います.kuwifiの利用者が多すぎるのか,授業開始時にZoomが途切れがちなのが心配の種です.
夜の関大前通りでは,酔った学生達が座り込んでだべっていました.居酒屋クラスターに繋がらないことを願うばかりです.

北陽中学校連携プログラム

北陽中学校との連携プログラムの理工系研究室体験に協力参加しました.しっかりしたプログラムで,こちらが提示したキーワードについて事前学習をした上で大学に体験に来てくれたので,説明しやすかったです.「波浪」「津波」「防波堤」「ケーソン」の4つのキーワードについて調べて作成してくれたポスターは,なかなか秀逸でした.①浮力と浮体の安定,②海の波と川の流れの2つの実験をしてもらいました.

2020年度秋学期授業

2020年度秋学期は,感染拡大予防策を講じたうえで,原則として対面授業を実施することに決まりました.
入国できない留学生に対応するには,対面授業の様子をZoomでリアルタイム配信するしかないなあと考えています.となると,春学期に実施した遠隔リアルタイム講義と実質変わらない気がしています.

〔2020.08.07掲出〕2020年度秋学期授業について