卒論・修論タイトル

卒業年 名前 学/修 論文タイトル
2019(H31) 平井 翔太 主要湾を対象とした高潮災害の年集積リスクの評価に関する研究
繁田 航平 確率津波モデルを用いた徳島県沿岸の津波水位の確率評価
濵 明日香 浜崎海岸における人工リーフの環境調査およびサンゴ分布特性に関する考察
早瀬 裕一 東播海岸における海浜地形の経年変化分析
山本 剛士 SPH法を用いた津波石・台風石移動の数値解析
吉田 京香 防潮堤整備が進む地域における住民の避難意思決定に関する調査および分析
山戸 啓佑 地上・地下統合浸水モデルを用いたみなべ町における下水道の津波浸水解析
2018(H30) 朝比奈 朋美 費用便益分析を用いた最適防潮堤高さの設定方法に関する研究―静岡県松崎町を対象として―
荒木 裕次 ニューラルネットワークを用いた高潮の長期評価―伊勢湾を対象とした検討―
木曽 哲志 津波・高波による巨礫移動特性の実験的検討
松元 晃大 マンハッタン島におけるハリケーン・サンディによる高潮の地下鉄浸水解析
安冨 翔哉 水平透過板を有する中空ブロックの人工リーフにおける波浪安定性実験
山村 康介 確率すべり分布モデルの信頼性に及ぼす試行回数の影響についての検討
横山 彼杜 確率台風モデルを援用した安芸灘・伊予灘における高潮簡易予測式の提案
2017(H29) 岩原 克仁 駿河湾を対象とした最適防潮堤高の設定に資する高潮の確率評価
上山 浩茂 ブシネスクモデルを用いたリーフ上の波の変形に関する数値実験
仲谷 海樹 和歌山県白浜町における海水浴場からの津波避難に関する現地実験
平井 翔太 伊勢湾と三河湾を対象とした高潮災害の集積リスクの評価に関する研究
松尾 祐子 ハニカム構造人工リーフ被覆ブロックの安定性に関する水理模型実験
大谷 卓 下水道ネットワークの津波による被災ポテンシャル評価-輪島市におけるケーススタディ-