安田誠宏

自己紹介

  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 家族構成:妻,長男(14歳)
  • 趣味:スキー,家庭菜園(のお手伝い),映画鑑賞

学歴

  • 1992年3月:兵庫県立神戸高等学校 卒業
  • 1992年4月:関西大学 工学部 土木工学科 入学
  • 1992年4月:米国ミシガン州立大学 留学(~1992年12月)
  • 1997年3月:関西大学 工学部 土木工学科 卒業
  • 1997年4月:関西大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士前期課程 入学
  • 1999年3月:関西大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士前期課程 修了
  • 1999年4月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士後期課程 編入学
  • 2002年3月:京都大学大学院 工学研究科 土木工学専攻 博士後期課程 単位取得後退学
  • 2002年9月:京都大学博士(工学)

職歴

  • 2002年4月:(独法)港湾空港技術研究所 海洋・水工部 波浪研究室 特別研究員
  • 2004年4月:京都大学防災研究所 助手
  • 2007年4月:京都大学防災研究所 助教
  • 2010年3月:英国国立海洋研究所(National Oceanography Centre, Liverpool)(前Proudman Oceanographic Laboratory) 在外研究(~2011年3月)
  • 2016年4月:現職

⏫TOPへ戻る

賞罰

  • 1999年5月24日:土木学会関西支部 年次学術講演会優秀発表者賞 (本人)
  • 2007年7月 6日:日本沿岸域学会 論文賞 (本人他1名)
  • 2010年7月30日:日本沿岸域学会 論文賞 (本人他1名)
  • 2010年7月30日:日本海洋工学会 JAMSTEC中西賞 (本人他1名)
  • 2012年4月17日:文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術振興部門(本人他2名)
  • 2012年11月16日:土木学会 海岸工学論文賞 (本人他5名)
  • 2014年5月28日:日本港湾協会 論文賞 (本人他3名)
  • 2014年9月23日:アメリカ土木学会 最優秀論文賞(2013 Best Journal Paper)(本人他4名)
  • 2016年11月16日:日本海洋工学会 JAMSTEC中西賞 (本人他4名)
  • 2016年11月17日:土木学会 海岸工学論文奨励賞 (本人他4名)

⏫TOPへ戻る

研究業績

英文原著論文

  1. Risi, R.D., Goda, K., Mori, N., Yasuda, T.: Bayesian tsunami fragility modeling considering input data uncertainty, Stochastic Environmental Research and Risk Assessment, pp.1–17, DOI 10.1007/s00477-016-1230-x, 2016.
  2. Tsujio, D., Goda, K., Yasuda, T., Mori, N.: Sensitivity Analysis on Breakwater Stability of Tsunami Uncertainty by Stochastic Tsunami Source Model for Tohoku Earthquake, Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering), Vol.71, No.2, pp.895–900, 2015.
  3. Mase, H., Tamada, T., Yasuda, T., Karunarathna, H., Reeve, D.E.: Analysis of Climate Change Effects on Seawall Reliability, Coastal Engineering Journal, Vol.57, No.3, 1550010 (18p.), doi: 10.1142/S0578563415500102, 2015.
  4. Goda, K., Li, S., Mori, N., Yasuda, T.: Probabilistic Tsunami Damage Assessment Considering Stochastic Source Models: Application to the 2011 Tohoku Earthquake, Coastal Engineering Journal, Vol. 57, No. 3, pp. 1550015-1–38, doi:10.1142/S0578563415500151, 2015.
  5. Kim, S.Y., Mori, N., Mase H., Yasuda, T.: The role of sea surface drag in a coupled surge and wave model for Typhoon Haiyan 2013, Ocean Modelling, doi:10.1016/j.ocemod.2015.06.004, 2015.
  6. Goda, K., Yasuda, T., Mori, N., Mai, M.: Variability of tsunami inundation footprints considering stochastic scenarios based on a single rupture model: Application to the 2011 Tohoku earthquake, Journal of Geophysical Research: Oceans, Vol. 120, Issue 6, pp.4552–4575, doi:10.1002/2014JC010626, 2015.
  7. Mase, H., Yasuda, Reis, T.M., Karunarathna, H., Yang, J.A.: Stability formula and failure probability analysis of wave-dissipating blocks considering wave breaking, Ocean Eng., and marine Energy, Vol. 1, Issue 1, pp.45–54. Doi: 10.1007/s40722-014-0004-0, 2015.
  8. Goda, K., Mai, M., Yasuda, T., Mori.: N. Sensitivity of Tsunami Wave Profile and Inundation Simulations to Earthquake Slip and Fault Geometry for the 2011 Tohoku Earthquake, Earth Planets and Space, 66:105, doi: 10.1186/1880-5981-66-105, 2014.
  9. Mori, N., Kato, M., Kim, S., Mase, H., Shibutani, Y., Takemi, T., Tsuboki, K., Yasuda, T.: Local amplification of storm surge by Super Typhoon Haiyan in Leyte Gulf, Geophysical Research Letters, 41, 14, pp.5106–5113, DOI: 10.1002/2014GL060689, 2014.
  10. Nakajo, S., Mori, N., Yasuda, T., Mase H.: Global stochastic tropical cyclone model based on principal component analysis with cluster analysis, Journal of Applied Meteorology and Climatology, 53, pp.1547–1577, doi: dx.doi.org/10.1175/JAMC-D-13-08.1, 2014.
  11. Tajima, Y., Yasuda, T. Pacheco, B. M., Cruz, E. C., Kawasaki, K., Nobuoka, H., Miyamoto, M., Asano, Y., Arikawa, T., Ortigas, N. M., Aquino, R., Mata, W., Valdez, J., Briones, F.: Initial Report of JSCE-PICE Joint Survey on the Storm Surge Disaster Caused by Typhoon Haiyan, Coastal Engineering Journal, Vol.56, No.1, pp.1450006-1–12, DOI:10.1142/S0578563414500065, 2014.
  12. Yasuda, T., Nakajo, S., Kim, S., Mase, H., Mori, N., Horsburgh, K.: Evaluation of future storm surge risk in East Asia based on state-of-the-art climate change projection, Coastal Engineering, 83, pp.65–71, doi: 10.1016/j.coastaleng.2013.10.003, 2014.
  13. Mori, N., Cox, D., Yasuda, T., Mase, H.: Overview of the 2011 Tohoku earthquake tsunami damage and its relation to coastal protection along the Sanriku Coast, Earthquake Spectra, Vol.29, No.S1. pp.S127–S143, doi: 10.1193/1.4000118, 2013.
  14. Mase, H., Kimura, Y., Yamakawa, Y., Yasuda, T., Mori, N., Cox, D.: Were coastal defensive structures completely broken by an unexpectedly large tsunami? – A field survey, Earthquake Spectra, Vol.29, No.S1, pp.S145–S160, doi: 10.1193/1.4000122, 2013.
  15. Yasuda, T., Mase, H.: Real-time tsunami prediction by inversion method using offshore observed GPS buoy data: Nankaido, Journal of Waterway, Port, Coastal and Ocean Engineering, Vol.139, No.3, ASCE, pp.221–231, doi: 10.1061/(ASCE)WW.1943-5460.0000159, 2013.
  16. Mase, H., Tsujio, D., Yasuda, T., Mori, N.: Stability analysis of composite breakwater with wave-dissipating blocks considering increase in sea levels, surges and waves due to climate change, Ocean Engineering, Vol. 71, pp.58–65, doi: 10.1016/j.oceaneng.2012.12.037, 2013.
  17. Mori, N., Shimura, T., Yasuda, T., Mase, H.: Multi-Model Climate Projections of Ocean Surface Variables under Different Climate Scenarios – Future Change of Waves, Sea Level and Wind, Ocean Engineering, Vol.71, pp.122–129, doi: 10.1016/j.oceaneng.2013.02.016, 2013.
  18. Mase, H., Tamada, T., Yasuda, T., Hedges, T.S., Reis, M.T.: Wave runup and overtopping at seawalls built on land and in very shallow water, Journal of Waterway, Port, Coastal and Ocean Engineering, ASCE, Vol. 139, No.5, pp.346–357, doi: 10.1061/(ASCE)WW.1943-5460.0000199, 2013.
  19. Mori, N., Takahashi, T., The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group: Nationwide survey of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami, Coastal Engineering Journal, Vol.54, Issue 1, pp.1–27, doi: 10.1142/ S0578563412500015, 2012.
  20. Kakinuma, T., Tsujimoto, G., Yasuda, T., Tamada, T.: Trace survey of the 2011 Tohoku Tsunami in the North of Miyagi Prefecture and numerical simulation of bidirectional tsunamis in Utatsusaki Peninsula, Coastal Engineering Journal, Vol.54, No. 1, pp.12500007–1–28, doi: 10.1142/S0578563412500076, 2012.
  21. Mori, N., T. Takahashi, T. Yasuda and H. Yanagisawa: Survey of 2011 Tohoku earthquake tsunami inundation and run-up, Geophysical Research Letters, Vol.38, L00G14, 6pp., doi:10.1029/2011GL0492102011, 2011.
  22. Mase, H., Yasuda, T. and Mori, N.: Real-time prediction of tsunami magnitudes in Osaka bay by using an Artificial neural network, Journal of Waterway, Port, Coastal and Ocean Engineering, ASCE, Vol.137, No.5, pp.263-268, doi:10.1061/(ASCE)WW.1943-5460. 0000092, 2011.
  23. Mori, N., T. Yasuda, H. Mase, T. Tom and Y. Oku: Projection of extreme wave climate change under the global warming, Hydrological Research Letters, Vol.4, pp.15-19, doi:10.3178/HRL.4.15, 2010.
  24. Yasuda, T. and Mase, H. and Mori, N.: Projection of future typhoons landing on Japan based on a stochastic typhoon model utilizing AGCM projections, Hydrological Research Letters, Vol.4, pp.65–69, doi:10.3178/HRL.4.65, 2010.
  25. Mori, N., Mase, H. and Yasuda, T.: Discussion of `Influence of spectral width on wave height parameter estimates in coastal environments’ by Justin P. Vandever, Eric M. Sigel, John M. Brubaker and Carl T. Friedichs (2008), Journal of Waterway, Port, Coastal and Ocean Engineering, ASCE, Volume 136, Issue 2, pp.123-124, 2010.
  26. Kim, S.Y., Yasuda, T., Mase H.: Wave set-up in the storm surge along open coasts during Typhoon Anita, Coastal Engineering, Vol.57, pp.631-642, doi:10.1016/j.coastaleng.2010.02.004, 2010.
  27. Kim, S.Y., Yasuda, T., Mase, H.: Numerical analysis of effects of tidal variations on storm surges and waves, Applied Ocean Research, Volume 30, Issue 4, pp.311-322, doi:10.1016/ j.apor.2009.02.003, 2009.
  28. Hiraishi, T. and Yasuda, T.: Numerical Simulation of Tsunami Inundation in Urban Area, Journal of Disaster Research, Vol.1, No.1, pp.148-156, 2006.
  29. Tomita, T., Imamura, F., Arikawa, T., Yasuda, T. and Kawata, Y.: Damage Caused by the 2004 Indian Ocean Tsunami on the Southwestern Coast of Sri Lanka, Coastal Engineering Journal, Vol. 48, No. 2, pp.99-116, 2006.

⏫TOPへ戻る

和文原著論文

  1. 宮下卓也, 森 信人, Daniel Cox, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): 準3次元海洋モデルを用いた市街地スケールの陸域遡上津波の再現計算,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_169–I_174.
  2. 中條壮大, 藤木秀幸, 金 洙列, 森 信人, 澁谷容子, 安田誠宏(2015): 東京湾における高潮災害ポテンシャルの評価に関する検討,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_199–I_204.
  3. 金 洙列, 松見吉晴, 出田裕二郎, 間瀬 肇, 森 信人, 安田誠宏(2015): ニューラルネットワークによる高潮予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_223–I_228.
  4. 安田誠宏, 丸山拓真, Katsuichiro Goda, 森 信人, 間瀬 肇(2015): 確率津波モデルを用いた南海トラフ巨大地震津波の不確実性評価,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_295–I_300.
  5. 平石哲也, 森 信人, 安田誠宏, 東 良慶, 間瀬 肇, アディ プラスティヨ, 大倉翔太(2015): 複数の造波手法を有する津波再現装置で造波された津波の特性,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_349–I_354.
  6. 千田 優, 森 信人, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): 解適合格子法を用いた津波・高潮計算手法の開発,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_373–I_378.
  7. 森 信人, 高木友典, 間瀬 肇, 安田誠宏, 島田広昭(2015): 極端な気象擾乱における高波の非線形特性について,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_457–I_462.
  8. 森 信人, 今井優樹, 二宮順一, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): CMIP5にもとづくダウンスケーリング計算による瀬戸内海熱環境場の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_469–I_474.
  9. 玉田 崇, 間瀬 肇, 安田誠宏(2015): CLASHデータセットに基づく打上げ・越波統合算定モデルの直立護岸への拡張,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_847–I_852.
  10. 森 信人, 岸本理紗子, 志村智也, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): 全球の統計的波高推定手法の開発と将来変化予測への応用,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_1501–I_1506.
  11. 安田誠宏, 片平成明, 森 信人, 間瀬 肇, 澁谷容子(2015): 気候モデル台風のバイアス補正手法の開発と高潮の将来変化のアンサンブル予測,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_1507–I_1512.
  12. 志村智也, 森 信人, Mark A. Hemer, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): 北太平洋における冬季の波候と大規模循環場の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2,pp.I_1513–I_1518.
  13. 森 信人, 志村智也, 釜堀弘隆, Arun Chawla, 安田誠宏, 間瀬 肇(2015): JRA-55にもとづく長期波浪推算と波候特性の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2.
  14. 間瀬 肇, 相松孝暢, 梁 靖雅, 玉田 崇, 安田誠宏, 森 信人(2015): 気候変動適応のための海岸堤防の必要嵩上げ高算定法に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),71,No.2.
  15. 安田誠宏,山中明彦,宮里直樹,宮島昌克,池本良子,清水芳久,高橋尚裕,小西康彦,森崎 啓,有吉隆宏(2015):戦略的な水循環ネットワーク確保のための基礎研究,土木学会論文集A1(構造・地震工学),地震工学論文集第34巻(ノート),71,No.4,pp. I_915–I_922.
  16. 間瀬 肇,Tracey H. Tom,池本 藍,志村智也,安田誠宏,森 信人(2014):日本沿岸海域の風況・波浪マッピング,土木学会論文集B3(海洋開発),70,No.2,pp.I_115–I_120.
  17. 森 信人 ,高木友典,二宮順一,安田誠宏 ,間瀬 肇,島田広昭(2014):2012年台風16号Sanbaによる暴波浪の最大波高の特性,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp. I_121–I_125.
  18. 金 洙列,森 信人,澁谷容子,安田誠宏,間瀬 肇(2014):高潮・波浪結合モデルを用いた2013年台風30号(Haiyan)の高潮・波浪推算,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_226–I_230.
  19. 森 信人,澁谷容子,竹見哲也,金 洙列,安田誠宏,丹羽竜也,辻尾大樹,間瀬 肇(2014):2013年台風30号Haiyanによる高潮の予測可能性と再解析精度,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_246–I_250.
  20. 中條壮大,金 洙列,森 信人,安田誠宏,間瀬 肇,山田文彦(2014):八代湾における高潮災害に及ぼす台風の移動速度と規模の影響について,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp. I_256–I_260.
  21. 森 信人,千田 優,安田誠宏,間瀬 肇(2014):解適合格子法を用いた津波シミュレーションとメッシュ分割法について,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp. I_286–I_290.
  22. 安田誠宏,藤井厚史,間瀬 肇,森 信人,篠原雅尚,酒井慎一(2014):震源過程と津波観測波形を用いたハイブリッド型リアルタイム津波予測法,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_396–I_400.
  23. 二宮順一,森 信人,安田誠宏,間瀬 肇,Luca R. Centurioni,Eric A. D’Asaro (2014):台風下における海面抵抗係数の海洋物理環境場への影響,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_461–I_465.
  24. 國吉早紀,森 信人,中條壮大,安田誠宏,間瀬 肇(2014):確率台風モデルとニューラルネットワークを用いた台風の将来変化を考慮した高潮予測,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,ppI_1256–I_1260.
  25. 志村智也,森 信人,安田誠宏,間瀬 肇(2014):MRI-AGCM3.2Hアンサンブル実験にもとづく気候変動による極大波浪の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1266–I_1270.
  26. 森 信人,今井優樹,二宮順一,安田誠宏,間瀬 肇(2014):CMIP5にもとづく瀬戸内海の長期物理環境場の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1271–I_1275.
  27. 玉田 崇,間瀬 肇,相松孝暢,安田誠宏,森 信人(2014):気候変動が海岸堤防・護岸の被災確率に及ぼす影響解析,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1281–I_1285.
  28. 溝端祐哉,安田誠宏,奥村与志弘,森 信人,間瀬 肇,島田広昭(2014):漸増津波氾濫解析を用いた地域の耐津波ポテンシャル評価,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1326–I_1330.
  29. 安田誠宏,辻田大揮,玉田 崇,間瀬 肇,森 信人(2014):階層分析法を用いた海岸保全優先度評価モデルの開発,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1391–I_1395.
  30. 信岡尚道,安田誠宏,田島芳満,森 信人,下園武範,佐々木 淳,辻尾大樹,Andrew Kennedy,宮本 守(2014):強大台風ハイヤンに伴うヘルナニ町沿岸の浸水被害の調査,土木学会論文集B2(海岸工学),70,No.2,pp.I_1426–I_1430.
  31. 高橋英紀, 森川嘉之, 森 信人, 安田誠宏(2014): 津波越流と地盤浸透の複合作用を受けた海岸堤防の破壊実験,第59回地盤工学シンポジウム論文集,pp.283–290.
  32. 安田誠宏,間瀬 肇,森 信人,Qiuhua Liang(2013): 動的アダプティブグリッド法を用いた有限体積法による津波計算モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_1–I_5.
  33. 森 信人, 高木友典, 川口浩二, 加島寛章, 間瀬 肇, 安田誠宏, 島田広昭(2013): 2012年4月3~4日に日本海で急発達した低気圧による暴波浪特性,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_126–I_130.
  34. 中條壮大, 金 洙列, 山田文彦, 間瀬 肇, 森 信人, 安田誠宏(2013): 確率台風モデルと観測台風資料を組み合わせた高潮イベントアトリビューション-八代海を対象とした最悪台風経路の基礎的検討-,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_366–I_370.
  35. 田中悠祐, 森 信人, 二宮順一, 杉松宏一, 八木 宏, 安田誠宏, 間瀬 肇(2013): 海洋波浪結合モデルを用いた瀬戸内海の長短期物理環境場の再現,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_511–I_515.
  36. 金 洙列, 松浦智典, 松見吉晴, 玉井和久, 安田誠宏, Tracey H. Tom, 間瀬 肇(2013): 中緯度の気象解析に対するWRFのパフォーマンス解析-惑星境界層スキームと雲物理モデルの影響-,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_516–I_520.
  37. 辻尾大樹, 間瀬 肇, 安田誠宏, 森 信人(2013): 砕波評価手法による防波堤の滑動量解析への影響検討,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_896–I_900.
  38. 安田誠宏, 片平成明, 森 信人, 澁谷容子, 間瀬 肇(2013): 非静力学領域気候モデルによる気候変動予測結果を用いた日本沿岸における高潮の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_1261–I_1265.
  39. 志村智也, 森 信人, 安田誠宏, 間瀬 肇(2013): 海面水温アンサンブル実験に基づく波浪の将来変化傾向とその不確実性評価,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_1266–I_1270.
  40. 安田誠宏, 谷口翔太, 奥村与志弘, 溝端祐哉, 島田広昭, 森 信人, 間瀬 肇(2013): 避難所生活者の収容可能人数からみた災害対応の転換を要する津波規模の推定,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.2,pp.I_1341–I_1345.
  41. 高橋英紀, 森川嘉之, 森 信人, 安田誠宏(2013): 遠心力場における津波越流による海岸堤防の破壊実験,第58回地盤工学シンポジウム論文集,pp.145–150.
  42. 太田隆夫, 平山隆行, 安田誠宏, 辻尾大樹, 松見吉晴, 間瀬 肇(2013): 高波の発生回数を考慮した消波工のライフサイクルコスト算定,土木学会論文集B3(海洋開発),69,No.2,pp. I_173–I_178.
  43. 辻尾大樹, 安田誠宏, 間瀬 肇, 森 信人, 前田恭兵, 山口佑太(2013): 設定を超える津波に対するケーソン防波堤の補強効果に関する実験的研究,土木学会論文集B3(海洋開発),69,No.2,pp. I_473–I_478.
  44. 中條壮大, 森 信人, 安田誠宏, 間瀬 肇 (2013): 時系列相関型の全球確率台風モデルの開発,土木学会論文集B2(海岸工学),69,No.1,pp.64–76.
  45. 森 信人・山口 翼・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇(2012):風波の方向スペクトル幅の現地観測,土木学会論文集B2(海岸工学)Vol.68,No.2,pp.I_091-I_095.
  46. 森 信人・道前武尊・島田広昭・安田誠宏・間瀬 肇(2012):Freak Waveを考慮した波浪推算と全球における出現特性について,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_111-I_115.
  47. 安田誠宏・藤井厚史・森 信人・間瀬 肇(2012):東北地方太平洋沖地震の津波に対するリアルタイム予測の可能性に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_321-I_325.
  48. 柿沼太郎・辻本剛三・安田誠宏・玉田 崇(2012):宮城県北部における2011年東北地方太平洋沖地震津波の痕跡調査並びに歌津崎における2方向津波の伝播・遡上解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_361-I_365.
  49. 二宮順一・森 信人・安田誠宏・間瀬 肇(2012):WRF-ROMS-SWANを用いたモデル間の結合の有無による気象・海象推算結果の比較,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp. I_466-I_470.
  50. 辻尾大樹・間瀬肇・森信人・安田誠宏(2012):地球温暖化による沿岸外力の変化を考慮した消波ブロック被覆堤の最適設計,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_871-I_875.
  51. 玉田 崇・間瀬 肇・安田誠宏(2012):階層分析法を用いた高潮対策工法選定法のシステム化に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_916-I_1920.
  52. 志村智也・森 信人・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇(2012):北半球における波候変動とテレコネクションパターンの関係の解析研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1216- I_1220.
  53. 中條壮大・森 信人・安田誠宏・間瀬 肇(2012):クラスター分析を用いた時系列相関型の全球確率台風モデル,土木学会論文集B2(海岸工学)Vol.68,No.2,pp.I_1226-I_1230.
  54. 林 祐太・安田誠宏・森 信人・中條壮大・間瀬 肇(2012):気候変動に伴う可能最大高潮の不確実性の評価に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1231-I_1235.
  55. 金 洙列・松浦智典・松見吉晴・Tracey H.A. Tom・安田誠宏・間瀬 肇・西野博史(2012):山陰沿岸気象予測へのメソ気象モデルWRFのパラメータ感度分析に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1236-I_1240.
  56. 森 信人・村上裕之・志村智也・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇(2012):マルチモデルアンサンブルによる気候変動に伴う熱帯低気圧特性の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1251-I_1255.
  57. 安田誠宏・溝端祐哉・奥村与志弘・森 信人・間瀬 肇・島田広昭(2012):想定津波規模の変化に対する和歌山県災害対応拠点の浸水危険度予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1296-I_1300.
  58. 間瀬 肇・安田誠宏・Tracey H.A. Tom・森 信人・中條壮大(2012):浮体式洋上風力発電サイトにおける波と風の観測と予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.68,No.2,pp.I_1451-I_1455.
  59. 安田誠宏・溝端祐哉・奥村与志弘・間瀬 肇・森 信人・島田広昭 (2012): 和歌山県における想定を超えた津波に対する浸水危険度の変化に関する研究,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68,No.2, p.I_156-I_161.
  60. 辻尾大樹・間瀬 肇・森 信人・安田誠宏(2012): 地球温暖化による沿岸外力変化を考慮した消波ブロック被覆堤の滑動量解析,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68,No.2, p.I_276-I_281.
  61. 間瀬 肇・安田誠宏・Tracey H. Tom・池本 藍・森 信人(2012): 洋上気象・海象予測情報のインタラクティブ表示システムの開発,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.68,No.2, p.I_1204-I_1208.
  62. 森 信人・田中 遼・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2011): 風波とうねり共存場における波浪発達と高波の出現特性に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_146-I_150.
  63. 金 洙列・松見吉晴・安田誠宏・間瀬 肇・水沼裕介 (2011): 海浜流推算における潮汐・波浪・高潮結合モデルの開境界条件に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_326-I_330.
  64. 間瀬 肇・武藤遼太・森 信人・金 洙列・安田誠宏・林 祐太 (2011): 詳細気象予測値を用いた伊勢湾台風高潮の再現実験,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_401-I_405.
  65. 志村智也・森 信人・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2011): 日本周辺の冬季波候とテレコネクションパターンの関係,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1161-I_1165.
  66. 安田誠宏・中條壮大・金 洙列・森 信人・間瀬 肇・Kevin Horsburgh (2011): 気候変動予測実験出力を直接用いた高潮リスクの評価,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1171-I_1175.
  67. 中條壮大・森 信人・安田誠宏・間瀬 肇 (2011): 全球確率台風モデルの開発と温暖化影響評価への適用,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1176-I_1180.
  68. 林 祐太・安田誠宏・森 信人・中條壮大・間瀬 肇・奥 勇一郎 (2011): 気候変動に伴う将来高潮予測の不確実性 –東京湾をケーススタディーとして–,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1181-I_1185.
  69. 森 信人・志村智也・中條壮大・安田誠宏・間瀬 肇 (2011): マルチモデルアンサンブルに基づく地球温暖化に伴う沿岸外力の将来変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1191-I_1195.
  70. 間瀬 肇・森 信人・中條壮大・安田誠宏・Sheng Dong・池本 藍 (2011):気象・海象の再解析値と予測値を利用した洋上風力発電施設の設計外力算定,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1226-I_1230.
  71. 平石哲也・米山 望・馬場康之・森 信人・東 良慶・安田誠宏・間瀬 肇 (2011): 宮城県沿岸における2011東日本大地震による津波被災について,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.2, pp.I_1306-I_1310.
  72. 安田誠宏・小西秀誉・間瀬 肇・森 信人・Clive G. Mingham (2011): カルテシアン・カットセル法による津波伝播計算,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.67,No.1, pp.92-105.
  73. Tracey H. Tom, 池本 藍, 間瀬 肇, 安田誠宏, 森 信人:台風シーズンにおけるリアルタイム波浪予測と精度検証,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.161-165,2010.
  74. 金 洙列,松見吉晴,安田誠宏,間瀬 肇:日本海沿岸における台風通過後の異常高潮の発生メカニズムに関する一考察,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.221-225,2010.
  75. 森 信人,高田理絵,安田誠宏,間瀬 肇:3次元海洋モデルにおける強風時の表層物理過程の取り扱いと高潮推算への影響,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.306-310,2010.
  76. 作中淳一郎,間瀬 肇,安田誠宏,森 信人,金洙列,馬場康之:非定常な風と波によって生じる吹送流,海浜流の予測モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.321-325,2010.
  77. 間瀬 肇,紺野晶裕,森 信人,安田誠宏,Sheng Dong:洋上ウィンドファームサイトにおける波浪と風の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.386-390,2010.
  78. 木村雄一郎,柳浩敏,森西晃嗣,森 信人,安田誠宏,間瀬 肇:重合格子法を用いた流体-構造体連成解析モデルによるフラップゲートの波浪応答解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.811-815,2010.
  79. 玉田 崇,間瀬 肇,安田誠宏:波の打上げを考慮した越波流量算定法の提案,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.926-930,2010.
  80. 森 信人,志村智也,安田誠宏,間瀬 肇:地球温暖化による極大波高の変化予測,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.1231-1235,2010.
  81. 安田誠宏,林 祐太,森 信人,間瀬 肇:地球温暖化による高潮・高波推算に対応可能な確率台風モデル,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.66,No.1,pp.1241-1245,2010.
  82. 木村雄一郎,柳 浩敏,森西晃嗣,森 信人,安田誠宏,間瀬 肇:フラップゲート型構造物の流体連成解析モデルの構築とその検証,海洋開発論文集,Vol.26,pp.237-242,2010.
  83. 安田誠宏, 間瀬 肇:沖合津波情報を用いたリアルタイム津波予測法 -逆解析法とニューラルネットワーク法-,沿岸域学会誌,Vol.22,No.4,pp.51-61,2010.
  84. 森 信人, 吉木昌弘, 島田広昭, 安田誠宏, 間瀬 肇, 河合弘泰, 加島寛章:観測データに基づく気象,海象条件とFreak Wave出現特性の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.141-145,2009.
  85. 間瀬 肇, 森 信人, 安田誠宏, 作中淳一郎, 宇都宮智昭:北太平洋波浪解析値を利用した沿岸海域における設計波浪の算定システム,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.146-150,2009.
  86. 森 信人, 高田理絵, 安田誠宏, 間瀬 肇, 金 洙列:強風時の表層鉛直混合が高潮および物理環境へ及ぼす影響,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.241-245,2009.
  87. 金 洙列, 松見吉晴, 安田誠宏, 間瀬 肇, 河合直樹:日本海沿岸における台風通過後の異常高潮特性の解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.376-380,2009.
  88. 安田誠宏, 山口達也, 金 洙列, 森 信人, 間瀬 肇:気象モデルにおける4次元データ同化およびネスティングが高潮推算精度に及ぼす影響に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.381-385,2009.
  89. 木村雄一郎, 新里英幸, 仲保京一, 安田誠宏, 間瀬 肇:フラップゲート式可動防波堤の波圧応答特性に関する実験的研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.806-810,2009.
  90. 辻尾大樹, 安田誠宏:ライフサイクルコストを考慮した消波ブロック被覆堤の最適設計に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.916-920,2009.
  91. 玉田 崇, 間瀬 肇, 安田誠宏:複合断面に対する波の不規則性を考慮した打上げ高算定法に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.936-940,2009.
  92. 間瀬 肇, 高橋真弘, 安田誠宏, 森 信人:信頼性解析による消波ブロックの耐波安定性確率評価に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.946-950,2009.
  93. 間瀬 肇, 田中 遼, 森 信人, 安田誠宏:日本海沿岸における波浪の経年変化特性に関する研究,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.1251-1255,2009.
  94. 河合弘泰, 橋本典明, 山城 賢, 安田誠宏:確率台風シミュレーションの風場モデルと将来の台風出現特性による確率高潮偏差の変化,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.1256-1260,2009.
  95. 森 信人, 岩嶋亮太, 安田誠宏, 間瀬 肇, Tracey H. Tom:地球温暖化予測に基づく全球波浪解析,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.1271-1275,2009.
  96. 安田誠宏, 安藤 圭, 森 信人, 間瀬 肇:地球温暖化予測に基づく将来台風変化予測とその確率モデリング,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.1281-1285,2009.
  97. Tracey H. Tom, 間瀬 肇, 安田誠宏, 森 信人:リアルタイム波浪予測と仮想波高計による配信システムの開発,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.65,No.1,pp.1471-1475,2009.
  98. 木村雄一郎, 新里英幸, 仲保京一, 安田誠宏, 間瀬 肇:倒伏状態の津波,高潮対応フラップ式可動ゲートの係留特性に関する実験的研究,海洋開発論文集,Vol.25,pp.93-98,2009.
  99. 安田誠宏, 間瀬 肇, 高橋真弘, 松下紘資, 徳永誠之:波形勾配および砕波の影響を考慮した消波ブロック安定数算定式の提案,海洋開発論文集,Vol.25,pp.575-580,2009.
  100. 安田誠宏, 高橋真弘, 間瀬 肇, 松下紘資, 徳永誠之:高耐波安定性消波ブロックの開発に関する実験的研究,海洋開発論文集,Vol.25,pp.587-592,2009.
  101. 安田誠宏, 山口達也, 島田広昭, 森 信人, 間瀬 肇:浮体式洋上風力発電サイト選定のためのWRFによる風況解析および波浪推算,海洋開発論文集,Vol.25,pp.879-884,2009.
  102. 辰己賢一, 安田誠宏, 森 信人, 間瀬 肇:リアルタイム気象, 水象予測のWeb配信システムの開発,海洋開発論文集,Vol.25,pp.891-896,2009.
  103. 間瀬 肇, Tracey H. Tom, 安田誠宏, 森 信人:2008 年ハリケーン・アイクによる高波の追算,海洋開発論文集,Vol.25,pp.897-902,2009.
  104. 高山知司, 安田誠宏, 辻尾大樹, 井上順一: ライフサイクルコストの最小化による沿岸構造物被覆材の最適設計,土木学会論文集B, Vol.65, No.1, pp.15-30, 2009.
  105. 川崎浩司, 水谷法美, 岩田好一朗, 小林智尚, 由比政年, 斎藤武久, 北野利一, 鷲見浩一, 間瀬 肇, 安田誠宏(2008):富山県東部海岸における2008年2月高波による被害調査,海岸工学論文集,第55巻,pp.151-155.
  106. 間瀬 肇, 安田誠宏, Tracey H. Tom, 辻尾大樹(2008):富山湾沿岸に災害をもたらした2008年2月冬季風浪の予測と追算シミュレーション,海岸工学論文集,第55巻,pp.156-160.
  107. Tracey H. Tom, 間瀬 肇, 安田誠宏(2008):毎時大気解析GPVを用いたリアルタイム波浪予測システムの開発とその検証,海岸工学論文集,第55巻,pp.186-190.
  108. 金 洙列, 安田誠宏, 間瀬 肇(2008):潮汐, 高潮, 波浪結合モデルによる土佐湾異常高潮の追算,海岸工学論文集,第55巻,pp.321-325.
  109. 安田誠宏, 山口達也, 金 洙列, 島田広昭, 石垣泰輔, 間瀬 肇(2008):潮汐, 高潮, 波浪結合モデルとメソ気象モデルWRFを用いた瀬戸内海における高潮再現計算に関する研究,海岸工学論文集,第55巻,pp.331-335.
  110. 間瀬 肇, 安田誠宏, 勝井伸悟(2008):海浜変形評価に供する長期間の波浪, 風時系列のモデル化-上越地域海岸を対象として-,海岸工学論文集,第55巻,pp.426-430.
  111. 高山知司, 辻尾大樹, 安田誠宏(2008):消波ブロック被覆堤の被災事例に基づく滑動要因の検討,海岸工学論文集,第55巻,pp.921-925.
  112. 安田誠宏, 高田理絵, 金 洙列, 間瀬 肇(2008):地球温暖化予測データに基づく台風極端化特性の評価と高潮シミュレーション,海岸工学論文集,第55巻,pp.1331-1335.
  113. 柴山知也, 田島芳満, 柿沼太郎, 信岡尚道, 安田誠宏, ラクイブ アフサン, ミザヌール ラフマン, シャリフル イスラム(2008):サイクロンSidr によるバングラデシュ海岸, 河川高潮災害の現地調査,海岸工学論文集,第55巻,pp.1396-1400.
  114. 安田誠宏, 小西秀誉, 間瀬 肇, Clive G. Mingham, Derek M. Causon(2008):カルテシアン・カットセル法を用いた津波の伝播変形計算手法の開発,海洋開発論文集,Vol.24,pp.81-86.
  115. 安田誠宏, 間瀬 肇, 小西秀誉, 松下紘資, 徳永誠之(2008):新しい消波ブロックの安定数算定実験および波形勾配と砕波の効果に関する一考察,海洋開発論文集,Vol.24,pp.519-524.
  116. 安田誠宏, 高山知司, 川村健太, 間瀬 肇(2007):沖合観測情報を用いたインバージョン法によるリアルタイム津波予測,海岸工学論文集,第54巻,pp.196-200.
  117. 間瀬 肇, 安田誠宏, 高山知司(2007):ニューラルネットワークを用いた大阪湾内への来襲津波のリアルタイム予測に関する研究,海岸工学論文集,第54巻,pp.201-205.
  118. 金 洙列, 高山知司, 安田誠宏, 間瀬 肇(2007):高潮と波浪に及ぼす大潮汐変動の影響に関する研究,海岸工学論文集,第54巻,pp.276-280.
  119. 間瀬 肇, 高橋真弘, 安田誠宏, Maria T. Reis, Terry S. Hedges(2007):信頼性解析による越波流量の許容値超過確率評価および護岸天端高の設定方法に関する研究,海岸工学論文集,第54巻,pp.891-895.
  120. 高山知司, 辻尾大樹, 安田誠宏(2007):消波ブロック被覆堤の変状による波力増大を考慮した期待滑動量算定法の検討,海岸工学論文集,第54巻,pp.906-910.
  121. Iemura, H., Yasuda, T., Pradono, M. H. and Tada T.: Experiments of Tsunami Force Acting on Bridge Models, 地震工学論文集, pp.n-14-6 (CD-ROM), 2007.
  122. 安田誠宏, 高山知司, 間瀬 肇, 竹内茂(2007):津波避難タワーの耐津波安定性に関する実験的研究,海洋開発論文集,Vol.23,pp.99-104.
  123. 間瀬 肇, 安田誠宏, 高山知司, 加次淳一郎, 沖 和哉(2007):津波のソリトン分裂過程に関する実験解析と数値解析モデルによる再現性の検討,海洋開発論文集,Vol.23,pp.165-170.
  124. 平山克也, 高山知司, 安田誠宏, 平石哲也(2007):ソリトン分裂と砕波を伴う津波の変形と作用波圧に関する数値計算,海洋開発論文集,Vol.23,pp.171-176.
  125. 安田誠宏, 高山知司, 山本博紀(2006):ソリトン分裂津波の変形と波力特性に関する実験的研究,海岸工学論文集,第53巻,pp.256-260.
  126. 安田誠宏, 高山知司, 川村健太(2006):観測データを用いたグリーン関数重ね合わせ法によるリアルタイム津波波源域推定法,海岸工学論文集,第53巻,pp.311-315.
  127. 柴山知也, 安田孝志, 小島治幸, 田島芳満, 加藤史訓, 信岡尚道, 安田誠宏, 玉川勝巳(2006):Hurricane Katrinaによる高潮被害の調査,海岸工学論文集,第53巻,pp.401-405.
  128. Tracey H. Tom, 間瀬 肇, 勝井伸悟, 安田誠宏, 小川和幸(2006):ハリケーン・カトリーナによる高波の解析,海岸工学論文集,第53巻,pp.421-425.
  129. 高山知司, 辻尾大樹, 安田誠宏(2006):ライフサイクルコストを考慮した護岸被覆材の最適設計,海岸工学論文集,第53巻,pp.856-860.
  130. 間瀬 肇, 勝井伸悟, 安田誠宏, Tracey H. Tom, 小川和幸(2006):GFS-WRF-SWANシステムによる3シーズンの波浪予測とシステムの検証,海洋開発論文集,Vol.22,pp.109-114.
  131. 江崎慶治, 高山知司, 安田誠宏(2006):フーチングを有するケーソン式防波堤に作用する波圧の算定式の検証,海洋開発論文集,Vol.22,pp.319-324.
  132. 安田誠宏, 高山知司, 山本博紀(2006):津波の変形および波力特性に及ぼす海岸断面地形の効果に関する実験的研究,海洋開発論文集,Vol.22,pp.529-534.
  133. 間瀬 肇, 安田誠宏(2006):台風0423号による室戸の高波災害解析,沿岸域学会誌,Vol.18,No.4,pp.23-31.(2007年7月 日本沿岸域学会論文賞 受賞)
  134. 平石哲也, 安田誠宏, 永瀬恭一, 河合弘泰(2005):台風0314号による韓国南部馬山市地下街の浸水に関する数値解析,海岸工学論文集,第52巻,pp.206-210.
  135. 金 泰民, 安田誠宏, 間瀬 肇, 高山知司(2005):台風0423号による和歌山県すさみ町における防波堤の滑動被災解析,海岸工学論文集,第52巻,pp.791-795.
  136. 高山知司, 安田誠宏, 辻尾大樹, 谷口昇太郎, 佐々真志, 水谷雅裕(2005):消波工被覆堤下における地盤内間隙水圧の波浪応答に関する現地観測,海岸工学論文集,第52巻,pp.846-850.
  137. 高山知司, 辻尾大樹, 安田誠宏, 谷口昇太郎, 高橋重雄, 水谷雅裕(2005):波浪による構造物の運動を考慮した地盤内間隙水圧の波浪応答に関する数値計算,海岸工学論文集,第52巻,pp.851-855.
  138. 富田孝史, 有川太郎, 安田誠宏, 今村文彦, 河田惠昭(2005):インド洋大津波のスリランカ南西部における津波実態, 被害調査報告,海岸工学論文集,第52巻,pp.1406-1410.
  139. 安田誠宏, 高山知司, 川村健太, 間瀬 肇(2005):大阪湾内におけるリアルタイム津波予測手法の検討,海洋開発論文集,Vol.21,pp.145-150.
  140. 安田誠宏, 原田賢治(2005):2004年12月26日スマトラ沖地震津波災害,自然災害科学,Vol.23,No.4,pp.603-615.
  141. 安田誠宏, 平石哲也, 河合弘泰, 永瀬恭一(2004):韓国南部馬山市における高潮浸水被害現地調査と地下浸水解析,海岸工学論文集,第51巻,pp.1366-1370.
  142. 安田誠宏, 平石哲也, 永瀬恭一, 組田良則(2004):地震津波による臨海部の浸水危険度Web表示システムの開発,海洋開発論文集,Vol.20,pp.27-32.
  143. 安田誠宏, 平石哲也, 稲垣茂樹(2003):臨海部の津波氾濫に関する模型実験,海岸工学論文集,第50巻,pp.271-275.
  144. 安田誠宏, 平石哲也, 永瀬恭一, 島田昌也(2003):流体直接解析法による臨海部の浸水リスク解析,海岸工学論文集,第50巻,pp.301-305.
  145. 永井紀彦, 平石哲也, 服部昌樹, 安田誠宏, 高山俊裕(2003):オンサイト越波計の開発と現地適用性,海岸工学論文集,第50巻,pp.626-630.
  146. 安田誠宏(2002):護岸の被災特性と洗掘機構に関する研究,京都大学博士学位論文,138p.
  147. 高山知司, 間瀬 肇, 安田誠宏, 井上雅夫(1999):護岸の洗掘被災特性,海洋開発論文集,Vol.15,pp.37-42.
  148. 安田誠宏(1999):護岸の洗掘被災特性と緩傾斜護岸の越波特性に関する研究,関西大学修士論文,190p.
  149. 井上雅夫, 島田広昭, 安田誠宏(1998):のり面に粗度を有する緩傾斜護岸の越波特性,海洋開発論文集,Vol.14,pp.393-398.

⏫TOPへ戻る

著書

  1. 柴山知也,茅根 創編(共著),図説 日本の海岸,(白良浜),朝倉書店,pp.78–79,2013.
  2. 数値波動水路(共著),土木学会海岸工学委員会,2010.
  3. 土木学会津波研究小委員会編(共著),津波から生き残る-その時までに知ってほしいこと-,土木学会,2009.
  4. 高橋 裕 他編(共著),川の百科事典(高潮関連項目),丸善,2009.

⏫TOPへ戻る

特許

  1. 特許 第5433913号,波浪予測システム,2008/8/29出願,2013/12/20登録
  2. 特許 第5319642号,ケーソン防波堤のカウンタウェイトブロック工法,2010/10/14出願,2013/7/19登録
  3. 特開 第2012-233714号,環境状態予測システム及び環境状態予測情報の表示方法、並びに発電予測システム,2011/4/28出願,2012/11/29公開
  4. 特許 第5007391号,津波波源推定方法及び津波波高予測方法並びにその関連技術,2006/9/29出願,2012/6/8登録
  5. 特開2005-115701号,地形と構造物の電子データを用いた数値解析条件の設定方法,2003/10/8出願,2005/04/28公開

⏫TOPへ戻る