特別研究報告会・修士論文発表会

卒論8編,修論2編,無事に署名・捺印しました.コロナ禍をなんとか乗り切りました.例年通り,睡眠不足でボーっとしてます.

2/15(月)と16(火)AMに卒論の報告会が,2/16(火)PMと17(月)に修論の発表会があります.今年はZoomでの配信もします(事前登録制).
海岸研の学生の発表スケジュールは下記のようです.
海岸工学研究室卒論・修論概要

2/15(月) 4101教室
10:10 飯塚  確率台風モデルを援用した大阪湾における既往最大および想定最大規模高潮の再現期間の推定
10:20 住谷  長短期記憶ネットワークを用いた波高の時系列予測に関する研究

14:30 尾崎  浜崎海岸人工リーフにおけるサンゴ分布と物理環境特性に関する現地調査
14:40 嶋田  非静水圧波・流れ解析モデルSWASHを用いたリーフ上の波浪変形計算
14:50 山本  被覆形式を考慮した消波護岸の越波流量算定図の作成

2/16(火) 4202教室
11:20 倉田  確率津波モデルを用いた南海トラフ巨大地震による津波高・津波到達時間の不確実性評価
11:30 富田  SPH法を用いた陸上構造物に作用する津波波力評価
11:40 小川  南海トラフ沿岸域の道路橋の津波に対する安全性照査―和歌山県を対象として―

2/17(水) 4201教室
14:40 山本  SPH法を用いた津波越流時の防波堤腹付マウンド被覆ブロックの飛散過程の数値解析
15:00 吉田  水災害時の避難行動における認知的不協和に関する研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です