2018年台風21号による沿岸災害調査・速報会@阪大

10/19に大阪大学コンベンションセンターで開催された「平成30年台風21号による高潮災害調査・速報会」(土木学会海岸工学委員会・土木学会関西支部主催)に参加し,「都市部の氾濫」について講演しました.400名の参加登録があったそうで,関心の高さが伺えました.
1.「災害被害の全体」森  信人(2018年台風21号Jebi沿岸災害調査団 団長・京都大学)
2.「台風の特徴」中條壮大(大阪市立大学)
3.「都市部の氾濫」安田誠宏(関西大学)
4.「河川の氾濫」二瓶泰雄(東京理科大学)
5.「港湾における被害状況」鈴木高二朗(港湾空港技術研究所)
6.「漂流物」有川太郎(中央大学)
7.「今後の教訓」森  信人(京都大学)

 

カテゴリー: イベント, 学会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です