CEJ Citation Award

Coastal Engineering Journal (CEJ) において,過去5年間で最も論文の引用数が多かった論文として,Citation Awardを受賞しました.第65回海岸工学講演会の開会式で授賞式がありました.

受賞論文:Tajima, Y., Yasuda, T., Pacheco, B. M., Cruz, E. C., Kawasaki, K., Nobuoka, H., Miyamoto, M., Asano, Y., Arikawa, T., Ortigas, N. M., Aquino, R., Mata, W., Valdez, J., Briones, F.: Initial Report of JSCE-PICE Joint Survey on the Storm Surge Disaster Caused by Typhoon Haiyan, Coastal Engineering Journal, Vol.56, No.1, pp.1450006-1–12, doi: 10.1142/ S0578563414500065, 2014.

2013年台風Haiyanによるフィリピンでの高潮災害に関するJSCE-PICE合同調査結果

和歌山県意見交換会

減災アセスメント小委員会の活動の一環で,和歌山県那智勝浦町と串本町を訪れて,現地視察(11/4那智勝浦町,11/5串本町)をするともに,津波防災地域づくりに関する意見交換会(和歌山県・那智勝浦町・串本町)をしました.吉田さんも参加しました.

現地調査in高知

Bristol大学の合田先生とFlavia,Raffael,京大防災研の森先生と一緒に,高知に津波避難対策についての現地調査に行きました.黒潮町佐賀に,見たことがないタイプの巨大な避難タワーが建てられていました.後発タイプだけあって,よく考えられた漂流物ガードが付けられていました.四万十町興津へのアクセス道路の整備が,徐々に進んでいました.
高知日帰りはさすがに疲れました…

現地調査in和歌山

関西支部共同研究グループで,和歌山県に現地調査に行きました.29日から現地入りして,田辺,白浜を調査し,安田は30日に御坊で合流しました.
美浜町の津波避難高台,煙樹ヶ浜,広川町の広村堤防に赴きました.稲むらの火の館に初めて入りましたが,知らないこともあって勉強になりました.県の方に案内していただき,大変有意義な調査となりました.ありがとうございました.
帰りの特急くろしおは,偶然にも『パンダくろしお』だったので,湯浅駅で思わず撮り鉄と化してしまいました.